日本語Englishサイトマップ

CMK 日本シイエムケイ株式会社

ディスクロージャーポリシー

当社は、社会との相互理解を深め、株主や他のステークホルダーの皆様の共感を得る活動に努めることを行動指針としており、この指針に基づいた適切で公平な情報開示活動に努めてまいります。

情報開示の基準
当社は、会社法、金融商品取引法、その他諸法令ならびに東京証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」)に従って、情報開示を行ってまいります。また、当社は、適時開示規則に該当しない情報についても、株主や他のステークホルダーの皆様が当社をご理解いただく上で有益と判断した場合は、積極的に情報開示してまいります。

情報開示の方法
適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所が運営する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて行います。また、適時開示規則に該当しない情報についても、当ウェブサイトやメディアを通じ、適切な開示に努めます。

将来の見通しおよび投資判断について
当社が開示した資料の中で、業績予想等の将来の予測に関するものについては、開示時点で当社が把握している情報による当社の判断に基づいております。実際の業績等は、諸々の要因によって大きく異なる結果となる可能性があります。したがいまして、当社の業績等を検討されるにあたりましては、これらの予想、見通しのみに全面的に依拠することはご遠慮くださいますようお願いいたします。

沈黙期間について
当社では、重要な会社情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、原則として各四半期決算期日の翌日から当該四半期決算発表日までを沈黙期間としています。この期間中は、原則として決算に関連する情報の開示、関連するコメントの授受、関連質問への回答などを差し控えさせていただきます。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い情報開示を行います。

第三者への情報開示と第三者による業績予想
当社は、機関投資家、アナリスト等との個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等の限られた情報に限り言及します。また、第三者によるいかなる当社に関するコメント、業績予想等を支持することをいたしません。

その他
当ウェブサイト上での当社の情報のご利用にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載しているサイトポリシーも合わせてご参照ください。