日本語Englishサイトマップ

CMK 日本シイエムケイ株式会社

コーポレート・ガバナンス体制

当社にとってのコーポレート・ガバナンスとは、社是である「発展と永続」のとおり、企業が持続的に成長し長期的な企業価値を最大化させるための基盤として必要不可欠な仕組みであると認識しています。

コーポレートガバナンス体制

当社は社外取締役2 名と社外監査役2 名を選任しています。社外取締役は客観的・中立的視点から取締役会における意思決定を監視、業務執行を監督、社外監査役は取締役会への出席はもとより取締役から経営上の重要事項に関する説明を聴取、意見を述べるとともに取締役の職務の遂行について監査を行っています。この社外取締役の監督機能および社外監査役の監査機能により、経営監視機能の客観性・中立性が確保されているものと考えます。さらに監査役、会計監査人、内部監査部門および内部統制部門との相互連携がはかられており、執行・監督体制が構築されています。

内部統制システム

取締役会のもと「内部統制に関する基本方針」に則し、体制を整備し継続的な取り組みを行っています。内部統制担当役員を設置、「内部統制管理委員会」を常設、コンプライアンス遵守体制の整備・運用、リスクの洗出し・評価・統制状況等のモニタリングなど、内部監査部門による監査機能含め未然防止のための仕組みを整備し継続的に運用しています。また、金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統制活動についても有効である旨を確認した「内部統制報告書」を開示しています。

コンプライアンス

「コンプライアンス推進規程」に従い、当社グループ地区単位にエリア責任者・コンプライアンス推進委員を配置、コンプライアンスプログラム( 推進計画) に則し、CMK グループ行動宣言などの規範類や内部通報制度の周知活動を通じ、役職員のコンプライアンス意識向上に取り組んでいます。本年度は内部通報制度関連規程を見直し、計画に基づく規範類の周知活動と併せヘルプラインの認識と重要性について啓発活動を推進しました。